日本髪の講習会

今年の成人式にも日本髪をご希望される方がいらっしゃいました。

昨年の七五三でも例年より日本髪のご要望が多かったです。

お着物が古典柄が流行しているので髪形も古典風に・・・・っという流れでしょうか!?

日本髪の結い方

改めてベテラン美容師さんに日本髪を習いました。

本格的なコテあて、油付けではないので新日本髪になります。

まずはブロック分け。

サイド、フロントとわけてブロッキング。

後で土台になる髪をゴムひもで留めました。

ゴムひもはこの後どんどん縛っていくので長めです。

 

手順7

 

縛れたらこれも上に預けておいて毛たぼの用意。

 

手順8

 

後から再度に毛たぼを固定して綺麗に襟足を上げていきます。

 

 

9

 

くしで綺麗に上げたらトップで縛ったゴムと一緒に留めていきます。

 

手順10

 

サイドも髪の毛を前にしっかりとかしたら、毛たぼを固定。

 

手順11

 

くしで毛たぼをしっかり隠しながら整え、これまたトップのゴムひもに留めます。

 

手順12

 

反対側も同様。

左右のバランスを見ながら留めていきます。

 

日本髪結い方手順13

 

そしてトップのゴムひもへ。

 

手順14

 

耳下から。

サイドの浮かし具合はお客様のご要望とお顔の輪郭に合うように。

毛たぼが見えないように注意。

 

 

日本髪結い方手順15

 

フロント部分にも毛たぼを固定。

 

日本髪結い方手順16

 

これまた難しい。

袋状に覆うようにポンパドゥールを作っていきます。

 

手順1

 

 

手順2

 

前に出すのかふっくらさせるのかはお客様のご要望しだい。

鏡をみつつ要検討。

ピンで留めました。

 

手順3

 

後の毛束の根元から5cm部分をゴムで上に上がるように留めます。

これ、重要です。桃割れの土台になります。

こんもり綺麗に桃割れが作れます。

 

手順4

 

残念ながらマネキンの髪が短くてきれいに桃割れまではできなかったですが、髪たばを左右に半分にして、毛たぼを巻まきして固定してかのこを付ければ出来上がり。

 

 

手順5

 

花嫁さんようの飾りを付けてみました。

 

手順6

 

マネキンだったのでスプレー等は全く使ってないので少々乱れ髪が出てますが、要練習!

基本スタイルですから綺麗にできるように頑張ります。

 

この用に当店では日本髪にも力をいれて取り組んでいます。

和装には会いますので一度試してみてはいかがでしょうか。

成人式や七五三の撮影、着付け、髪やメイクトータルでもご予約お待ちいたしております。

 

 

 

 


カテゴリー

アーカイブ

Twitter

Facebook